スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

メーターボックスの取替え

 2013-04-08
こんばんは。

本日の淡路島は少々風邪が冷たいものの、晴天にも恵まれよい仕事日和となりました。

そんな今日は洲本市鳥飼にてメーターボックスの取替え工事の仕事を頂きました!!ありがとうございますm(__)m

一般的にメーターボックスは電気の引込柱やお家の壁面に取付けられています。もちろん「外で雨ざらし」なわけですよね。

鉄製や、最近では高価ですがステンレス製などもあります。ステンレス製は錆びることはそんなにありませんが、淡路島のように海に近いと潮風などの影響で鉄製のメーターボックスはよく錆びます。その錆びをほっておくと…

20100804225110_img2_37.jpg
写真1:メーターボックス上面に穴

上記の写真のように穴が開いたりします。もちろん中には電気量メーターやブレーカーなどの電気計器類がありますので水に濡れると「漏電」ということになります。そして漏電は感電や火事のもとにもなり、非常に危険です。

普段から、目視でもいいので管理が必要なものなのです。

そしてご家庭によってはお庭で家庭菜園などをされている所も多いと思います。よくある事例としてメーターボックスを含めた引込中全体を植物のつるが巻き付いていることです。それをつたって虫などが侵入すると…虫が感電してそこで炭化します。するとこちらも電気を通すので「漏電」となります。こちらも危険なのです!!

IMG_3054.jpg
写真2:今回の工事現場

さて、こちらのメーターボックスは下部に穴。取付工事の不良などいくつか問題があるので取替え致します。


普段、何げなく使っている電気。管理の仕方や使い方を間違うと死に至ることもあり、危険なものであるという認識をもって上手に使ってくださいね。

長々と失礼しました。

川越電機のメーターボックス取替工事例はこちら↓
http://www.kawagoe-denki.com/cathand/detail-113193.html
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kawagoedenki.blog59.fc2.com/tb.php/387-b7b566ff
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。