スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ヒートショック

 2015-12-18
年末に差し掛かり、何かと忙しい時期に入りました。

皆様如何お過ごしでしょうか?


暖冬だ、暖冬だとメディアなどで言われていますが、ここ数日はかなり寒くなりました。

でも、例年に比べて暖房器具やエアコンの売れ行きはまだまだ鈍いです。


そんな中で今日は「ヒートショック」について書いてみたいと思います。
一般によく聞くこの「ヒートショック」という言葉。実は正式な医学用語ではなく電機メーカー等が作った造語だそうです(^O^)

ヒートショックとは、おウチの中での急激な気温変化のため、血圧が大きく変動することで、心筋梗塞、脳梗塞などが起きることだそうです。

じゃあ、急激な気温変化ってなんでしょうか?

「寒い、寒い」と言って部屋を暖めすぎないってことでしょうか・・・?いえ、そうではありません。

よくあるのが、暖房の効いているリビングからお風呂や寝室に移動した際に急激に気温変化が起こりヒートショックになる事があります。

ではどのようにするとヒートショックにならずにすむのか・・・
要は気温変化をなるべく抑えるといいということです(^O^)

例えば、【家の構造自体を保温性の高いものにして、外気温の影響を受けにくくする。】

家そのもののリフォームって難しいように感じますが、今ついている窓を2重ガラスするだけで効果があります。

既存窓の内側に取付けるタイプもありますよ。YKKのプラマードUというタイプです。
IMG_3023[1]
写真1:取付前

new_IMG_3026.jpg
写真2:取付後
少しわかりにくいですが、内側にもう一枚ペアガラスを取付けてます。

IMG_3027[1]
写真3:こんな和室用のもあります。

あとはちょっとした暖房器具を取付けたり、置いておくのも一つの方法です。
浴室暖房やセラミックファンヒーターなど電気の暖房器具は石油の入れ替えもなく人気がもあります。

1428110410242.jpg
写真4:トイレ用暖房器具 パナソニック製

その他、お金を掛けなくてもできるものもあります。
例えば【お風呂に湯を入れるときシャワーで入れる】

シャワーにすると浴室全体が温もるそうです。溜まった後は、風呂のふたを開けておくと同じ効果があります。
早く湯が冷めそうな気もしますが・・・(笑)

まぁ、なんにせよ無理せず、寒いときは暖房器具をつける。
病気をしたときのことを考えるとこっちの方が安上がりですね(^O^)


これからクリスマス、年末・年始のイベント事が増えてきます。
お身体に気を付け、いい年越しを迎えたいものです。

ウチもお客様にそう思ってもらえるよう、今頂いている仕事を早く終わらせますm(__)m
スポンサーサイト
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。